●お知らせ      2014年8月22日(金)

法務の本棚に2冊のレビューをアップしました。
法実務からみた行政法
自治体の法規担当になったら読む本

  • 投稿前に投稿確認事項を一読ください。
  • 返信投稿は、必ず各記事の 返信ボタン から!
  • 新規投稿は、下の 新規投稿 ボタンから

  それでは、どうぞ投稿を!

New! 補助事業の事故繰越について

imap No.68294

事故繰越における支出負担行為の考え方等についてご教示ください。

H27末の経済対策で予算化(H28繰越事業)した県の国庫補助事業があります。
繰越年度の今年度、災害等で着手が遅れ、かつ不落が続き未契約状態です。

上記の事業について、県の繰越担当である私のところに事故繰越の手続きを
取りたいと原課が相談にきました。

私は「負担行為がされていない事業は事故繰越ができません」と回答しました。

原課は財務局と相談したところ「補助事業においては、国の交付決定をもって
支出負担行為とみなすため事故繰越は可能」との見解だったと主張されました
が、あくまでも国費についてのみの見解にすぎません。

国費はそれでよいかもしれませんが、補助裏である県費については入札不落で
あり、県事業としての支出負担行為はできていません。

災害等の影響で不落がいくつも発生している中、
どうにか事故繰越をできる方策(考え方・根拠資料)がないものかと苦しんで
おります。

どなたか同種の悩みを経験をされた方がおられましたら、対応内容について
ご教示よろしくお願いいたします。

New! Re: 補助事業の事故繰越について

774 No.68295

県内部の取扱なのでここで聞いてもねぇ

New! Re: 補助事業の事故繰越について

ムー No.68310

国費であろうと、県費であろうと、次年度に契約するための予算であるならば、次年度の当初予算として計上すべきということであれば賛同できます。

>>私は「負担行為がされていない事業は事故繰越ができません」と回答しました。<<

ただ、できないと断言する根拠が不明です。

New! Re: 補助事業の事故繰越について

安藤 No.68311

「お見込みのとおり」で済むかと思いきや、

>どうにか事故繰越をできる方策(考え方・根拠資料)がないものかと苦しんで
おります。

原課が?それとも繰越担当であるあなた?
前段と後段で話が違ってきてますよ

New! Re: 補助事業の事故繰越について

imap No.68316

ご回答ありがとうございます。
支出負担行為をしてなければ繰越ができないと回答した根拠は

自治法 第220条 第3項
(略)ただし、歳出予算の経費の金額のうち、年度内に支出負担行為をし、避けがたい事故のため年度内に支出を終わらなかったものは、これを翌年度に繰り越して使用することができる。

です。国費は経済対策でもあり、交付決定もされていることから次年度当初予算ではなく、事故繰越として対応できるのが最も望ましい姿と想定しています。

New! Re: 補助事業の事故繰越について

imap No.68317

ご回答ありがとうございます。
原課が相談にくれば、一般的な見解は伝えますが、どうしたら打開できるかと一緒に悩むのが総務部局の標準的な姿勢であり、いわずもがなかと思ってましたが、文章が足りなかったようです。失礼しました。

お見込みのとおりということになりますか・・・

New! Re: 補助事業の事故繰越について

ムー No.68318

>>私は「負担行為がされていない事業は事故繰越ができません」と回答しました。

<<ただ、できないと断言する根拠が不明です。

>>支出負担行為をしてなければ繰越ができないと回答した根拠は 自治法 第220条 第3項

失礼しました。勉強不足でした。できないに賛同します。

代案として思いつくのは、繰越国費に補助裏を現年県費で手当てする方法でしょうか。わかりにくいの上に予算の裏付け期間が異なるのは避けたいところですが。

New! Re: 補助事業の事故繰越について

K66 No.68343

繰越明許ではだめですか?

New! Re: 補助事業の事故繰越について

774 No.68369

すでに繰り越した予算だからは駄目でしょう。

New! Re: 補助事業の事故繰越について

元帳 No.68370

>imapさん

自治法で明確に定められている以上、繰越の認められる余地はないと思います。
財務局の見解は、国庫の支出側の話ですよね(つまり、交付決定は無効にしないであげるから、引き続き頑張れと)。

災害が続き、入札不調云々は県単にも言えるので、同様に新年度予算からやるしかないと思います。

New! 自治体立病院における自動販売機設置について

あいうえお No.68314

 現行は売店業者に自動販売機設置スペースの使用許可を与え、条例に基づいた行政財産目的外使用料の支払いを受けています。売店と契約している自動販売機メーカーからの販売手数料(一般的には20%程度)は受けておりません。
 そこで、現在検討しているのは、病院が自動販売機メーカーに直接に使用許可を与える体制であり、自動販売機メーカーから行政財産目的外使用料の支払いを受けることを想定しています。ここで問題となるのが、自動販売機メーカーからの販売手数料の取扱いであり、条例に定めのない使用料・手数料を受領することが私法上の契約として許容されるのか否か、ご教示ください。
 自動販売機メーカーを選定する際は、広く公募をする予定であり、行政財産目的外使用料および使用電気料を負担することを定め、より高いパーセンテージの販売手数料を提示した自動販売機メーカーを選定するつもりです。
 どうぞよろしくお願いいたします。

New! Re: 自治体立病院における自動販売機設置について

元帳 No.68315

>あいうえおさん
行政財産貸付にしたらどうですか。

New! 違いについて

初心者 No.68231

公共の用に供すると公用に供するという文面があるんですが,この「公用」と「公共の用」の違いとはなんですか?

たとえば、市民体育館とかはどちらにあてはまるのですか?

New! Re: 違いについて

元帳 No.68232

>初心者さん

公用…自治体がその事務又は事業のため直接使用

公共用…住民の共同利用用

市民体育館は、公共用です。
公用の典型例は、庁舎

New! Re: 違いについて

安藤 No.68234

職場で教えてくれる人はいないのかな?

・・・まあ、ネタなんだろうけど

New! Re: 違いについて

にゃんこ No.68250

>公共の用に供すると公共の用に供するという文面

・・・「公用」はいずこに?

間違い探し?

事務委任をしたときの規則制定について

蜆ラーメン No.66728

事務委任について,皆様のお知恵を拝借いたしたくお願いいたします。

当方では,
・教育委員会に対する事務委任規則によって,長の部局の事務の一部を教育委員会に委任している。
・教育長への事務委任規則によって,教育委員会の専権事項以外の事務を教育長に委任している。
という状態です。このうち,教育委員会に委任する事務の中で,いくつかの公の施設(教育財産にあたらないもの)の管理及び利用の許可を挙げています。

この場合ですが,
@施設の管理規則は長の部局で制定するべきでしょうか,教育委員会で制定するべきでしょうか。
A規則中,施設の「許可申請の宛名」と「許可の通知の名義」は,市長でしょうか,教育委員会でしょうか,教育長でしょうか。また実務ではどうなりますか。

質問が複数にわたって申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

※追記
同種の質問(No.2424)は事前に読みましたが,部局内で「委任に伴って施設の管理規則の制定権はどうなるか,そちらも委任されるならば名義も委任先になるのではないか?」との意見がありましたので質問いたしました。

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

蜆ラーメン No.66733

>むかいのロトト 様

早々のご回答をありがとうございます。
理解が悪くてお恥ずかしいのですが,

@について
 教育財産ではないため,いわゆる施設の設置及び管理に関する「条例」は長の名前で制定いたします。
 条例とは別に,事務手続や書式等を定めた「規則」を定める場合,これも長の名前で定める(教育委員会規則にはならない)のでしょうか?
 事務委任全般の質問になってしまいますが,事務委任された事務についての施行規則や執行基準(たとえば,補助金の支出基準)について,委任「元」で定めるべきか,委任「先」で定められる(委任先にも手続等に関する裁量がある)か,という点が理解できずにおります。

Aについて
 施行規則を長の名前で定めるとした場合,規則上の名義人や書式等は本来の権限(長の名前)となり,実務において委任を根拠に教育長の名前で処理をするということになりますか?
 それとも規則の制定時点で「教育長」名とすべきでしょうか?

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

774 No.66752

逆上管理職
新年早々キレキレですね

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

蜆ラーメン No.66941

>むかいのロトト様

レスが遅くなりまして申し訳ありませんでした。

確かに,施設管理条例を定めるうえで,規則をどこで定めるのか記載する必要がありそうですね。その部分は気が付いていませんでした。
その手間を考えたら市長部局ですべて定めるようにすべきかもしれませんね。

大変参考になるご回答をありがとうございました。

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

にゃんこ No.66942

ロトト様が例示されている条例は、教育財産に係るものであり、法に基づく権限についてそれぞれ使用料等の徴収は首長の規則、管理運営は教育委員会の規則に委任されているものと考えます。
今回スレ主様の質問の自治法180条の2に基づく委任はあくまで両者の協議により行うものであり、条例の規定により委任するものではないので、ロトト様がおっしゃるような「教育委員会への事務委任がなされなくなった場合は、この委任に係る条文の一部改正が必要」だということにはならないものと考えます。
自治法180条の2に基づく委任・補助執行の範囲は明文化されておりませんが、第一法規の逐条解説によると、「事務の性質により長の専属的な権限とされるものまたは長みずから執行することを地方自治法が明らかに予定しているもの、たとえば、議会の招集権、議案の提案権、再議権、議会の解散権、副知事・副市町村長等の任免権、規則制定権等を委任することはできないと解される」とされているので、教育委員会規則として定めることは適当でないと考えます。
なお、当方では同様のものを委任ではなく補助執行として教育委員会事務局の職員に行わせているため、このような疑義が生ずることがありません。また、他自治体の例を見ても、委任を行っている例は少ないと認識しています。なぜ委任することとししたい理由はわかりませんが、知ったかこいた回答に惑わされることもありますので、このような掲示板(失礼!!)ではなく、実際に委任を行っている近隣自治体に問い合わせた方が有意義だと思います。

回答でないのに長文で失礼しました。

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

女狐 No.66949

 お題のような件(公の施設の管理など)の場合に蜆ラーメンさんの所と同様に市長の事務を教育委員会に「委任」している事例は少なくないと思います。
 しかし、これは第180条の2が定められた昭和27年当時の状況をそのまま踏襲しているためであって現在の交通通信状況などを考えたときには、ほとんどの事例が「補助執行」させれば足りるものであるように思います。
 まして、同じ市役所の中で処理する事務について市長から教育委員会に「委任」するなどは、住民にとっても職員にとっても何のメリットもないことのように思います。

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

蜆ラーメン No.66982

皆様,ありがとうございます。どなたのご意見も貴重なご指摘です。

女狐さんのおっしゃるように,当方では過去の状況を踏襲して事務委任にすることを検討していました。メリットというと難しいのですが,当方は教育委員会の組織が他よりも大きいのでしょうか,文化振興関連の施設を教育委員会への事務委任としております。

補助執行にするには他の施設との整合が気になったのですが,後から整理する必要が出るかもしれないと考えると…

近隣の他自治体の事例などもうかがいながら,改めて考えてみます。
ありがとうございました。

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

にゃんこ No.66985

スレ主が〆た後で恐縮ですが・・・

>文化振興関連の施設を教育委員会への事務委任としております

の部分でちょっと気になったので・・

地方教育行政の組織及び運営に関する法律21条に明文されていませんが、同法23条との関係上、文化振興に関する事務は、教育委員会の職務権限に位置付けられています。

もし、検討の結果、教育委員会に委任するのでしたら、本件施設は本来の教育委員会の職務権限に基づく施設として整理した方がよろしいかと思います。
でないと、地方教育行政の組織及び運営に関する法律23条に基づいて首長の職務権限とする条例を定めた上で、事務委任規則により委任することとなり、権限移譲のループ状態となってしまいますので、御留意ください。

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

ぼうしゅう No.67702

話を少し戻してしまいますが、

>自治法180条の2に基づく委任・補助執行の範囲は明文化されておりませんが、第一法規の逐条解説によると、「事務の性質により長の専属的な権限とされるものまたは長みずから執行することを地方自治法が明らかに予定しているもの、たとえば、議会の招集権、議案の提案権、再議権、議会の解散権、副知事・副市町村長等の任免権、規則制定権等を委任することはできないと解される」とされているので、教育委員会規則として定めることは適当でないと考えます。

自治法180条の2に基づき事務を委任した場合、市長はその委任に係る権限を失い、受任者は当該事務をその名において執行することになります。

地教行法第15条 教育委員会は、法令又は条例に違反しない限りにおいて、その権限に属する事務に関し、教育委員会規則を制定することができる。

権限は教育委員会に移行していますので、権限を失った市長が規則を定めることはできず、教育委員会が受任した範囲において規則を制定することになると思いますが如何でしょう。

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

財産管理人 No.67799

自治法180条の2の規定による協議後、事務委任規則を定めた場合、元々存在していた長部局の条例、規則、告示等を廃止することは、委任の元となる根拠例規を失ってしまうのでそのままでいいと考えます。
その上で、規則制定権を持っている受任した教育委員会で、その事務を処理する上で必要な例規を定めればいいと考えます。なお、当然に受任した以上は、以降の処分者は受任者となります。

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

ぼうしゅう No.67885

財産管理人 様

理解がいたらず結局どちらなのかわかりません。

例えば市長部局で設置した公園等の一部分の管理運営を教育委員会に委任した場合、
教育委員会は条例制定権がないので設管条例は廃止せず存置する。

条例施行規則は、委任した部分は教育委員会に権限が移行するので、市長部局で制定した条例施行規則の委任した部分に関する規定を削除等し、教育委員会が受任した部分の管理運営に関する規定は、教育委員会規則を新たに制定し規定する。

市長が権限を手放したにもかかわらず、使用許可等に関する手続について市長部局が制定した規則内で口出しするくらいなら、教育委員会に委任しなければいいのです。

180条の2による事務の委任は協議により成立するので、事務委任規則は、飽くまで委任した事実を市民に公示する役割しか持たず、極論なくても法的には問題ないものだと考えます。

Re: 事務委任をしたときの規則制定について

財産管理人 No.67940

もちろん180条の2の規定は、協議によって成立しますので住民に対して明らかにする意味で委任規則を制定することが望ましいと考えます。

また、例規の制定改廃については、鰍ャょうせい「実務相談法制執務」P3113が参考になると思います。

議長選挙の投票用紙の閲覧

きたぐに No.66742

議会における議長選挙の投票用紙の保管義務の期間は何か決まりがあるでしょうか?
それともほとんどの自治体は結果確定後、廃棄処分しているのでしょうか?
投票用紙の閲覧は可能でしょうか?可能ならが情報公開手続きをしてからか、議員に見せろと言われれば見せなければいけないものでしょうか。

皆さんどのような取扱をしていますかご教示いただけたらと思います。

Re: 議長選挙の投票用紙の閲覧

千葉議会人 No.66755

 前段のご質問ですが、都道府県・市町村市議会会議規則において、「議長は、投票の有効無効を区別し、当該当選人の任期間、関係書類と併せて保存しなければならない。」と規定されています。
 後段の投票用紙の閲覧ですが、憲法第15条、公選法第52条の規定、そして議会における選挙については、公選法第46条の規定の準用により「秘密投票主義」を採用していますので、選挙関係書類の閲覧要求があっても、これに応じる法的義務はありません。(昭和32.12.18行実)
 ただし、選挙の異議申し立て、審査の申し立て、裁判所への出訴となった場合に、関係機関から証拠書類として提出要求があるときは、その要求に応じなければなりません。

Re: 議長選挙の投票用紙の閲覧

通りすがり No.67716

門外漢ですけど、地方議会内の構成を決める選挙ですよね。
千葉議会人さんの投票用紙の閲覧の回答で疑問なのは

・公選法準用のことは適切か?
・事例として、投票立会人がいないこと、また、議長選挙手続きの透明性確保などの流れから、選挙前に全会一致での公開決定をした場合はどうか?
・単記無記名投票に加えて非公開とする徹底した秘密保持の理由は?(他の無記名投票は誰がどう投票したかわかるの?)

ここが疑問で回答のようにいちがいに言い切れないのでは?

Re: 議長選挙の投票用紙の閲覧

千葉議会人 No.67886

 地方議会における選挙については、地方自治法第118条において「法律又はこれに基づく政令により普通地方公共団体の議会において行う選挙については、公職選挙法第46条第1項及び第4項 、第47条、第48条、第68条第1項並びに普通地方公共団体の議会の議員の選挙に関する第95条の規定を準用する。(以下略)」と規定されているところです。

 議会における選挙は、議員に選挙権及び被選挙権があり、公開の議場の中で行われるものですが、選挙手続及び選挙結果に対して住民がこれに異議を唱える余地はありません。
 既述したとおり「秘密投票」、「単記無記名投票」が原則ですから、誰が誰に投票したかは分かりません。これは、国政選挙と同様です。議会が投票用紙の公表をあらかじめ議決することは違法な議決であり、確定した選挙の投票用紙の閲覧は、議員も住民も請求することはできませんし、これに応じる法的義務はありません。(昭和32.12.18行実)
 なお、採決の方法として記名投票、無記名投票がありますが、これは選挙の単記無記名投票とは異なります。

 次に、立会人ですが、開票立会人については、会議規則において議長が議員の中から指名することになっています。投票立会人については、議員全員が投票立会人となり、選挙管理者である議長の下で、公正な選挙が執行されることになります。

条例の廃止、効力失効の使い方

村役場 No.67690

基金の残額が0になるため、基金条例を廃止しようかと思ってます。

一般的には「○○基金条例を廃止する条例」を作るのだと思いますが、条例を無くしてしまうと将来、その基金がどんな基金だったか調べることができなくなるので一部改正で附則に「この条例は、平成29年3月31日限り、その効力を失う。」と追加して残しては?という意見もあります。

一般的には廃止するのが正しいのでしょうか?
それとも効力失効して条例に残しておいても良いものなのでしょうか?

Re: 条例の廃止、効力失効の使い方

774 No.67691

>条例を無くしてしまうと将来、その基金がどんな基金だったか調べることができなくなる

意味がわかりません。廃止された条例はいくらでもあると思いますが、、
何を調べたいのか?

Re: 条例の廃止、効力失効の使い方

774(全角) No.67692

スレ主 様の団体では、例規に関する起案文書の保存年限はどうなっているのでしょうか。通常は永年保存ではないかと思いますが、そうだとすれば、廃止してもその痕跡は残りますね。年毎の索引簿もあるでしょうし。
それと、○年○月○日限り、その効力を失うとの規定は、結局、廃止されるということですね。
そんな場合は、例規集から削除しないのですか。ずっと、残しておく?
私の団体では、廃止と同じ扱いで、例規集から削除しますがね。

ローカルルールなどで何とも言えませんが、ご提示のことについては、区分けする意味合いが良く分かりません。

※ 追記
削除した例規をチューブファイルなどで綴っておけば、例規集からなくなっても、後から見直すことができるのではないでしょうか。
ちなみに、スレ主 様のところでは、電子データで管理されていますか。
そうであれば、委託業者にお願いして、廃止例規を保存できるようシステム改修をすれば問題ないでしょう。経費はかかりますがね。
まあ、紙ベースで保存しておくことが一番安上がりですね。

Re: 条例の廃止、効力失効の使い方

村役場 No.67694

ご回答ありがとうございます。
当村の条例「効力を失う」が何年たっても残ってます。
それが間違いなんですね、失礼しました。

Re: 条例の廃止、効力失効の使い方

にゃんこ No.67696

>それが間違いなんですね

スレ主様の「条例に残す」というのが例規集(冊子又はシステム)上であるとして・・
例規集の編纂に当たっての統一ルールはなく、何を登載するかはその自治体ごとの判断によりますので、スレ主さんの自治体が間違いだということはありません。

しかし、廃止と効力失効の使い分けの理由として「例規集に残らなくなるから」というのは適切ではありませんので、本件については素直に廃止した方がよいものと思います。

当方では例規集とは別に、例規ごとに制定、改正、廃止の経過が全て追えるよう綴って保管しております(多分774(全角)様と同様かと思います)。スレ主様が法規担当の方なのか、主管課の方なのかは不明ですが、もし前者であれば、例規集とは別に、例規の管理方法について検討されることをお勧めします。

Re: 条例の廃止、効力失効の使い方

G No.67704

法律の停止・廃止・失効について
http://houseikyoku.sangiin.go.jp/column/column024.htm

社会保険等未加入対策について

その日暮らし No.67670

いつもお世話になっております。
 競争入札参加資格審査申請の受付をすでに行っている自治体も多いと思いますが、平成26年に適正化指針が示され、社会保険等(健康保険、厚生年金保険及び雇用保険)に加入していない建設業者を排除するよう要請されています。
 そこで、確か昨年に対策についての通達があったと思うのですが、うまく探し出せません。教えていただきますと大変助かります。
 よろしくお願いいたします。

Re: 社会保険等未加入対策について

鈴水 No.67671

それは多分、「建設業における社会保険等未加入対策について」(平成28年6月16日付け総行行第123号及び国土入企第6号)のことだと思います。各都道府県知事と指定都市市長宛の通達になっていますので、各都道府県の担当部局に問い合わせると良いですよ。

通達の趣旨は、定期の競争入札参加資格審査等で、社会保険未加入業者を有資格者名簿に登録しない等の必要な措置を講じるように要請するものです。要請の根拠は、入札契約適正化法20条2項に基づくものですね。

Re: 社会保険等未加入対策について

烏骨鶏 No.67674

Re: 社会保険等未加入対策について

その日暮らし No.67676

鈴水様
鳥骨鶏様

 早速のご回答、誠にありがとうございます。
鳥骨鶏様におかれましては文書まで添付していただき、大変助かりました。重ねてお礼申し上げます。

 ところで、失礼ながらまた質問なのですが、工事業者の社会保険の加入状況確認を「経営規模等評価結果通知書及び総合評定値通知書」で行っていると思いますが、加入はしているが最新の通知書では確認できない場合、皆さんは何を使用して確認されてますか?



 

Re: 社会保険等未加入対策について

鈴水 No.67677

あ。私の回答の時に文書を貼っておけば良かったですね。失敗。
鳥骨鶏様、フォローありがとうございました。

再質問は、通知書発行後に社会保険等に加入して保険料を納めているケースですよね。
各自治体のHPでも確認できる(競争入札参加資格審査申請の受付要項)と思いますが、当方の自治体では

・雇用保険の場合
 「事業所別被保険者台帳照会」又は「概算保険料又は確定保険料の納付を証する書類」の写し
・健康保険の場合
 「保険料の納入を確認できる領収書」又は「資格取得確認及び標準報酬決定通知書」の写し
・厚生年金保険の場合
 健康保険の場合に同じ

以上の書類を添付してもらって確認します。

Re: 社会保険等未加入対策について

その日暮らし No.67695

鈴水様

ご回答ありがとうございます。確かに自分で調べるべき案件でした。失礼いたしました。
参考にさせていただきます。

土地の取得と債務負担行為の設定について

polite No.66701

いつもご助言をいただきまして、ありがとうございます。
土地の取得と債務負担行為の設定について、検討しています。
今まで検討したことがない事例だったので、どうぞよろしくお願いします。

【事例】(分かりやすくするため、数値を変更、簡略化しています。)

A事業用地として、用地の取得を検討しています。土地の面積は、合計12,000u
で、土地の筆数は12筆に分かれています。
土地の所有者も、それぞれ単独所有で12人です。(1人当たり、1,000u)

売買の交渉の中で、契約時期は同一時期(土地の単価等の理由)にすることが決まり、
鑑定、補正等の結果、合計の予定取得金額が1億2,000万円になりました。

ところが、予算上の理由から、1億2,000万円を一括して予算計上をすることが
できないため、3年間に分割して、1年当たり、4,000万円ずつ計上すること
になりました。

この場合、次の行為は、地方自治法上、可能でしょうか?
または、他に検討する選択肢があれば、アドバイスお願いいたします。

【検討した選択】

@ 当初予算で限度額を1億2,000万円、期間を平成29年〜平成31年とする
 「債務負担行為」を設定する。
A 平成29年度に、12人の土地所有者とそれぞれ売買契約を締結する。
B 4人については平成29年度に4,000万円を支払い、移転登記を行うが、
 残りの8人のうち、4人については、平成30年度に「代金の支払と移転登記」を
 行い、最後の4人については、平成31年度に「代金の支払と移転登記」を行う旨
 を契約書に明記する。
C 財産の取得の「議会の議決」については、A事業で考えれば、要件を超えているが、
 契約単位で考えれば、1契約当たり1,000uなので、議決の対象とならない。

【補足】

 それぞれの年度に、通常どおり、予算計上し、土地を取得すれば済むのですが、
土地の単価が下がるおそれがあり、交渉上、選択できない前提です。
 
 上記の検討案の懸念事項は、売買契約締結後、移転登記の前に、所有者が亡くなり、
相続が発生したときの対応です。

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

774 No.66702

同時に買収しない場合の後買取者への利子分補償はないのでしょうか?
こういう場合のために土地開発公社があると思うのですが

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

ムー No.66710

>>土地の単価が下がるおそれがあり、交渉上、選択できない前提です。>>

その交渉でいくなら、予算計上すべきです。

>>予算上の理由から、1億2,000万円を一括して予算計上をすることができないため>>

それであれば1件ずつ交渉をがんばるべきです。


公共事業という前提であれば、正当な補償をすべきであると思います。債務負担行為をすれば長期に渡る契約は可能ですが、正当な補償を歪めるためにする動機の整理がムズカシイと感じました。

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

774 No.66713

きちんと12人の所有者に説明したとすれば、後になればなるほど不利なので契約自体成立しない気もしますが。

相続の点については登記が完了しない以上、契約締結をもってしても解決しないので理由になりませんね。
上の774がいうように、土地開発公社による先行取得が良いでしょう。

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

胃潰瘍 No.66722

固定資産税はどうされるのですかね。
契約した時点で土地を自由に使えなくなる上に、移転登記される年まで土地所有者は固定資産税を払い続けなければなりませんよね?(そういう契約に納得して押印されますかね?)

スレ主様のことですから、その辺りはきちんと考えられていると思いますが。

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

774 No.67241

スレ主放置ですか?

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

polite No.67672

みなさま、ご投稿くださり、ありがとうございました。
返信が大変遅くなり、申し訳ございませんでした。

 土地開発公社の先行取得する案につきましては、すでに公社が解散してしまっていて、
採用できませんでした。
 土地を取得するまでの固定資産税の件、については、所有者と協議の上、納得して
いただいている前提になります。

 売買代金の支払が後年度になったことによる利子相当の逸失利益(運用損)の
補償については、こちらも心配しているのですが、所有者は、納得していただいて
いるようです。
 売買契約締結後、代金の支払い・土地の明渡しまでは、、当該土地の賃貸借は可能
とすることで、補償なしということで、所有者が納得している場合は、どうでしょうか。

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

774 No.67673

納得している事を証する文書ありますか?
相続が発生した場合有効ですか?

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

polite No.67675

774 様

 納得している事を証する文書は、ありません。

 土地売買契約を締結後、移転登記までに土地所有者が亡くなった場合ですが、
締結した売買契約の内容は、相続人が承継しますが、相続人は事情を知らないこと
もあり、相続人が複数いる場合は、遺産分割が長期化し、代金の支払・移転登記にも
影響がでることが予想されます。

 今回の事例、相続の問題、補償の問題、公租公課の問題等、様々な問題があります
ので、できれば、交渉上、回避し、通常の処理で行えるといいです。

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

774 No.67678

土地購入用の基金を設け、一括購入できる資金が出来てから購入。それまでは賃貸借ではどうですか?

Re: 土地の取得と債務負担行為の設定について

polite No.67693

774 さま

 公共施設整備基金等の活用も視野に入れ、財政部局とも協議したいと思います。
ありがとうございました。

振休・代休について

ケイケイ No.66615

 いつも勉強させていただいております。

 どの官公庁でも、地震や台風、大雨などの際やイベントの際に、勤務時間外の出勤が必要になる場合があると思います。
 この場合に、
 1.振休や代休しか認めないとすることは出来るのでしょうか?
 
 時期によっては、取得することが出来ないことがあります。
 
 また、
 2.週休日の振休の時には同一週内の取得をしないと割増分の時間外が発生しますが、この振休と『同一週内に取得したことにして』別の日に休ませるということもできるんでしょうか? 
 
 よろしくお願いいたします。

Re: 振休・代休について

制度を理解しましょう。 No.66617

1について
 振休は任命権者又は所属長が,週休日を変更するものであるため,職員に選択権はありません。ただし,業務上,振り替え困難として時間外勤務手当を支給することは可能でしょう。
 代休とするか,休日勤務手当の支給を求めるかは,職員の権利ですので,組織として強制することはできないでしょう。

2について
 法令に違反することについては,ここで質問する内容ではありませんね。

Re: 振休・代休について

R No.66618

 1については、詳しくはご自身の自治体の条例を参照していただくとして、休日勤務手当や時間外勤務手当を支給するのが原則で、必要がある場合に勤務時間の振替を命ずることができる規定になっていると思われますので、振替休日や代休しか認めないということはできないと思います。

 2については、考えるまでもなくだめだと思います。記録上は休んでるけど仕事させて、その分の割増賃金を支払わないってことですよね?

Re: 振休・代休について

制度を理解しましょう。 No.66620

Rさん

 振休の「できる」規定は,週休日の正規の勤務時間帯を勤務させたことに対して,時間外勤務手当の支給か,振休かのどちらかを選択できるという規定ではなく,週休を別の日に振り替えて本来の週休日を正規の勤務日として勤務させることができるという規定ではないでしょうか?
 意味分かりますかね?

Re: 振休・代休について

R No.66622

制度を理解しましょう。様

 そういうつもりで書いたのですが、書き方がまずかったようです。
 ケイケイ様の質問から、割増賃金を支払いたくないので振替や代休しか認めないと言われていると想像して、このような書き方になりました。
 手当支給と振替の選択ではなく、あくまでも業務の都合により必要があれば振替を命じることができるということです。
 まぎらわしい書き方をしてしまいすいません。

Re: 振休・代休について

元巾長 No.66636

ブラック思考に草

Re: 振休・代休について

元帳 No.66640

@雇用者としてあるべき姿……土日(元々の週休日)に職員を勤務させる必要がある場合、当該週の勤務時間が所定の労働時間を超えないよう週休日の振替を行う。
A現実的にありえる対応……平日に週休日を振り替える人的な余裕がないので、やむを得ず時間外勤務を命じる。
Bあり得ない(違法な)対応……時間外勤務手当を惜しむなどの理由でサービス残業や振り替えたことにする。

スレ主さんは@とAの優先順位が逆転しているようですね。労働者としては、一義的には、残業代よこせではなく振休か代休よこせでしょう。

Re: 振休・代休について

ケイケイ No.66688

みなさまご回答ありがとうございます。
年末年始にかけて、いろいろありまして細かくご回答ができません。
申し訳ありませんが改めてご回答に対するお返事を書かせていただきたいと思っております。

Re: 振休・代休について

ケイケイ No.66714

皆様からいただいたご回答に対するお返事を思ったのですが、とりあえず私が悩む必要が無くなった旨をご回答します。

とりあえず、財政サイドから予算が無いのでということで、24時間体制で交代で勤務をしたのですが、その合計時間が1日単位または端数の時間すべてが振休・代休となり、本来なら支払われる可能性があったかもしれない割増の時間外も支払われないことになりました。

今後もその方針で行くそうです。

みなさまありがとうございました。

Re: 振休・代休について

元帳 No.66715

それは、おそらく振休・代休とは違うと思います。承知の上でしょうが。

Re: 振休・代休について

制度を理解しましょう。 No.66716

ケイケイさん

 本当にそのような取扱いで大丈夫でしょうか?

@振休・代休
 振休・代休の対象は,おそらく勤務時間条例・規則で1日又は半日等の定めがあるはずですので,端数も含めて全て振休・代休の対象とはならないのはないでしょうか?
 少なくとも,条例・規則で定められている時間を除いた端数分は,時間外勤務手当の支給対象となるはずです。
 24時間ということですが,消防などの交替制勤務であればともかく,毎日勤務の職員が正規の勤務時間(9時−17時)以外の時間帯に勤務した場合には,そもそも振休・代休の対象とはなりません。
 代休は言わずもがな,労働者側に選択権があることが通例なのは,前に述べたとおりです。
 以上に関し,ケイケイさんの自治体の条例・規則で異なる定めをおいている場合は別ですがね・・・

A予算がないから働かせた分を支払えない
 予算がないのであれば,そもそも勤務時間外に働かせるべきではありません。
 災害でやむを得ない労働であれば,最悪でも予備費などで対応すべきでしょう。
 働いた分の給与を支払えないから,ルールに反してでも休ませるというのは,完全に労基法に違反してますね。

 これが地方公共団体の事務であるとすれば,完全に常軌を逸脱しているとしか思えません。
 労働者から訴えられれば,100%敗訴するでしょうし,議会対応など大丈夫でしょうかね・・・

 他の自治体のことですが,本当に心配していますよ!

Re: 振休・代休について

とある自治体職員 No.66726

ブラック自治体ですね(笑)

Re: 振休・代休について

774 No.66734

今後の参考としたいので自治体名をご教示ください

Re: 振休・代休について

とある自治体職員 No.66738

 774 様

 スレからなんとなく自治体名が予想できました。

Re: 振休・代休について

元巾長 No.66739

ケイケイさんの自治体では予算が無ければ違法行為も可能なのですね
予算がないので給与カットも可能ですね
勉強になりました
ありがとうございます

Re: 振休・代休について

ケイケイ No.66889

 そうですね、予算が無いという大義名分で何でも可能なんでしょう。

Re: 振休・代休について

ああああああ No.66943

居直るなよ

Re: 振休・代休について

ケイケイ No.66944

ああああああ 様

居直りではなく、開き直り、いや諦めですね。

ここで、
「いや、そんなことは無いです。どんなに予算が無くなっても給与を減らされることはありません!」
と言っても、上記の時間外の例がある以上、まったく説得力が無く、またあり得ないとも言えないと思いますがいかがでしょうか?

Re: 振休・代休について

元帳 No.66947

私はケイケイさんは、働かされる側の人間であろうと当初から思ってましたが、改めて読むと、働かす側の書き込みにもとれますね(むしろその方が素直か)。
そう読んでいる人(ケイケイさんは働かせる側の立場であると思っている人)もいるのでしょう。

Re: 振休・代休について

制度を理解しましょう。 No.66950

ケイケイさん

>どんなに予算が無くなっても給与を減らされることはありません!」
と言っても、上記の時間外の例がある以上、まったく説得力が無く、またあり得ないとも言えないと思いますがいかがでしょうか?

 例がある以上と言っても,それは勝手にやった違法の例ではないでしょうか?

 違法の例をもって「あり得ないとも思いますがいかがでしょうか?」と聞かれて,「ハイ,そうですね。」と応えるのは,役人にも,ましてや一般の国民の中にもほぼ居ないのではないでしょうか?

 ほぼ,といっているのは,「893」や「ブラック企業」なら居るかもしれないからですが・・・

 いずれにしても,緊急措置であったとしても,勝手な給与の減額・不払いなどできるわけがありません。あり得ない話です。
 給与法定主義の原則をきちんと理解してください。
 また,労働基準法も読み返してください。

 少なくとも,このフォーラムは,あり得ないことを違法にやっているということを地方公共団体の職員が堂々と述べる場ではありませんし,ましてや,参加者・進言者の方々がそれを肯定するわけもありません。

 あなたは,地方公共団体の職員として,今回のことに関し,きちんと法令に適合するよう対処する義務があるはずです。

 自らが,違法を黙認しても良いと考えているのであればともかく,法令を遵守する立場であることを認識しているのであれば,いくらでも方法があると思います。
 住民に信頼されるべき地方公共団体の職員として頑張ってください!

Re: 振休・代休について

774 No.66951

ケイケイさんの自治体では「職員の服務の宣誓に関する条例」はありますか?

Re: 振休・代休について

むかいのロトト No.66956

(追記)
私は断じて許しませんので、ご承知おきのほど。

Re: 振休・代休について

元帳 No.66957

>制度を理解しましょう。さん

一応確認させてください。
仮に、ケイケイさんが労働者の立場(働かされる側で時間外手当踏み倒される側)だとしても、ケイケイさんに同じような批判をしますか?

Re: 振休・代休について

ケイケイ No.66958


すいません、とりあえず私の立場は『使われる側の人間』である旨をご報告致します。

Re: 振休・代休について

元帳 No.66961

私なら、ケイケイさんとともに闘える又は支援できる立場なら「一緒に闘おう」とは言うかもしれないですが、そうでなければ「お前は闘え」とは言わないですね。

「違法な状態を放置し泣き寝入りしている姿を公にするのは、有害である」というのは、あり得るかもしれないですが、最初は闘うつもりで相談されたんでしょうから、仕方ない気がします。

ケイケイさんも、今後一糸を報いるチャンスはいくらでもあるでしょうから、理論武装して牙を磨いておいたらいかがでしょうか。

Re: 振休・代休について

校正マン No.66966

一糸を報いる ×
一矢を報いる 〇

Re: 振休・代休について

制度を理解しましょう。 No.66971

元帳さま

>仮に、ケイケイさんが労働者の立場(働かされる側で時間外手当踏み倒される側)だとしても、ケイケイさんに同じような批判をしますか?

 格好付けではありませんが,当然,しますね。

 今時,ケイケイさんが所属するような地方公共団体があってはいけないということは同感だと思います。
 働かされる側であっても,ダメなものはダメと言わなければいけませんし,いずれは,働かせる側になってでも改革していかなければならないと考えています。
 それが,(組織が怖いからなのか)できない,やらないのは,違法な組織と同罪です。

 少なくとも,このフォーラムに関係する方は,それができる良識や勇気のある方だと信じていますし,ここは,ただ単に愚痴を言う場でもないと思います。

 当方の所属する地方公共団体は職員数1万人未満と中規模ですが,当方は係員時代から,組織の不当・違法性のある事務には幾度も反発したことがあります。
 ダメなものはダメと正当に言い続けたところ,その後,人事管理や制度設計部門に配置換えされることとなりましたが,そこまで言うのなら,お前がやれ!ということだったのかもしれません。
 結果としては,自分のやり方が100%ではないにしても,少しは組織が良くなった部分もあると感じています。
 おかげさまで,上司・先輩の中には,かなり私を嫌っている方も実際に居ます。
 ですが,誰かが嫌われ者になったり,風穴を開ける努力をしなければ,誰がやるんでしょうか?

 元帳さんも,「今後一糸を報いるチャンスはいくらでもあるでしょうから、理論武装して牙を磨いておいたらいかがでしょうか。」とおっしゃっているくらいなので,やはり,やるべきだとは感じているのでしょう。

PS.
 それにしても,このレスって,本当に元帳さん?
 らしくないような気がするのは,当方だけでしょうか・・・
 最近は,様々なハンドルネームの偽物も居るようですし,偽の元帳さんであれば,当方のレスに対し,「お前の手柄話は,どうでもいいんだよ!」とか,言われるんでしょうね?
 いずれにしても,本件に対する私の意見は,これで終わりとさせていただきますので,後は御勝手に・・・

Re: 振休・代休について

元帳 No.66974

>制度を理解しましょう。さん

>働かされる側であっても,ダメなものはダメと言わなければいけませんし,いずれは,働かせる側になってでも改革していかなければならないと考えています。<
この部分は至極共感できます。

>それが,(組織が怖いからなのか)できない,やらないのは,違法な組織と同罪です。<
この部分が、やはり私と違う部分です。
自治体とそこで働いている公務員という対比ならば、働いているという身分は私人です。
公人として(職務上、あるいは管理職として)違法に目をつぶるのとは違います。
ケイケイさんの態度について、「公務員としてどうなの?」という批判は当たらないと思います。

制度を理解しましょう。さんが、「労働者として、そのような態度は認められない」という猛者(その資格もある!)ならば、単に尊敬します。

Re: 振休・代休について

通りすがり No.67250

あげます

個人番号カード事業費交付金の歳出予算額について

カナブン No.66763

すいませんがご教授いただけたら幸いです。
29年度の当初予算の算定額について迷っています。
予算算定にあたっては、もともと総務省発行の概算要求資料に全国の交付金総額が掲載されており、これに基づき人口割で交付金額を割り出し予算計上しておりました。その後年末にj-risから約2/3程度の各市の交付金見込み額が送付されました。通常この額で予算要求とすればよいのですが、但し書きに「カードの作成枚数等により金額が変動する」旨の記載がありました。このままj-risからの金額で計上し、増額になれば補正を組むようなことはなるべく避けたいですし、かといって総務省概算による予算にするのも理由がないと考えます(不用額も出したくありません。)。そこでみなさんの自治体ではどのような金額算定を行っているかを知りたく、もし携わっている人がいらっしゃればご教授くださいますようお願いいたします。

高齢者の交通弱者対策

調達者 No.66717

市議会議員が、山間僻地に住む高齢者で交通手段のない方の対策として
肉、魚、野菜などの食材を、自分所有の車に乗せて、行商してまわる
行為は公選法等問題はないのでしょうか。

Re: 高齢者の交通弱者対策

A No.66718

食品衛生法等の業許可を取得していることは前提とします。

ただ販売するだけなら公選法に違反はしないのでしょう。そもそも、議員兼社長(又は個人事業主)というのは全国にいますが。

Re: 高齢者の交通弱者対策

忠告者 No.66719

商売としてやる分は問題ないと思う。
ただし、儲けを度外視して、割安で販売するのは、寄附行為の禁止規定に抵触するかも。
まあ、営業努力で安くするのは、ありかなと思う。

Re: 高齢者の交通弱者対策

774 No.66720

スレ主へ
批判するのなら代替案を出せ

Re: 高齢者の交通弱者対策

訳わからん?? No.66721

>批判するのなら代替案を出せ

二人の投稿は批判??
スレ主の危惧に対し、意見を述べているだけじゃないの??

投稿スレを間違っているんじゃない?

Re: 高齢者の交通弱者対策

胃潰瘍 No.66723

>訳わからん??様

思うに回答者に対してではなく、スレ主様に対する意見ではないですか?
市議会議員がそういう行いをしていることに対して「批判する」のではなく、
そういう状況で行政として何かできることはないのか〜的な。

Re: 高齢者の交通弱者対策

訳わからん?? No.66724

胃潰瘍 様へ

そうですか。そうとも読み取れますね。
胃潰瘍 様のご指摘どおりなら、失礼しました。
まあ、代替案といっても、スレ主さんはこの議員を良く思っていないのかも。失職させたい?(勝手な思い込みですがね。)
結果的には、僻地の高齢者等にとっては、願ったり叶ったりですので、代替案といっても、なかなか難しいような気がしますわ。
どちらの立場に立った代替案なのかも不明。

Re: 高齢者の交通弱者対策

かいせつ〜 No.66727

後から見た人には、上3つのやり取りを疑問に感じるかも知れませんので。
これは上3つのやり取りの後に66717の774さんが、
「スレ主へ」を書き加えられたのです。

胃潰瘍さんの読みが当たっていた、ということでした。以上、解説おわり。

お題については、Aさん忠告者さんに同意。

Re: 高齢者の交通弱者対策

安藤 No.66757

どの様な問題があるとお考えですか?

Re: 高齢者の交通弱者対策

774 No.66758

安藤違う。

質問は問題があるかないかだから、解答はあるかないか。ついでに言えばその根拠。

問われているのは逆質問じゃない。

New! 上げ下げ職人さん

安藤 No.68247

いつもお疲れ様です。
何の意味もないことに気が付きましたか?
そろそろ学習しましょうね。

New! Re: 上げ下げ職人さん

安藤 No.68296


偽物です。もうやめてくださいませよ。

New! Re: 上げ下げ職人さん

安藤 No.68309

本物も偽物もないだろ
みんな安藤でいいじゃないか

New! Re: 上げ下げ職人さん

案籐 No.68312

そうだそうだ

New! Re: 上げ下げ職人さん

暗堂 No.68313

そうだんな〜

New! Re: 上げ下げ職人さん

あ〜ん、どう? No.68342

そうよね〜
最新の投稿