●お知らせ      2014年8月22日(金)

法務の本棚に2冊のレビューをアップしました。
法実務からみた行政法
自治体の法規担当になったら読む本

  • 投稿前に投稿確認事項を一読ください。
  • 返信投稿は、必ず各記事の 返信ボタン から!
  • 新規投稿は、下の 新規投稿 ボタンから

  それでは、どうぞ投稿を!

New! 改正通達の発信者について

メガーヌ No.88088

通達を改正するにあたって、一部改正通達を発する場合、発信者が下位の者になること。例えば、局長通達を部長が、部長通達を課長が発信者となりうるのでしょうか。
改正であっても、下位の者が改正行為をすることはできないという認識でしたが、そのような例が散見され、自分の認識が間違っているのか、不安になりました。
私の知識不足なのかもしれませんが、皆様のご意見をうかがいたく投稿いたしました。
よろしくお願いいたします。

New! Re: 改正通達の発信者について

A No.88089

一言に通達といっても内容や法的位置付けが様々のため、一概にできないとはなりませんたとえば、組織改編と権限委譲により、下位の方が出したケースがあります。

New! Re: 改正通達の発信者について

メガーヌ No.88091

回答ありがとうございます。
それが、組織改正、権限移譲というわけではなく、一部改正は下位になっているのです。
内容的には、内部通達ではありますが、事務処理方法を定めたものや市民からの届出書の様式です。

New! Re: 改正通達の発信者について

A No.88092

そういった内容であれば、むしろ下位者が発信者となります。
軽微であったり、些末な事項について上位者が示達することは役職の威信を損ねるため、
下位者が出します。
実務的にも、上まで決裁をとるのは時間の手間がかかるので、下位者が発信としたほうが楽という理由もあります。
いづれにせよ、発信者の役職は通達の軽重や内容により個別に設定されるべきものです。
全てを一律に処理する対応のほうが誤りです。

New! Re: 改正通達の発信者について

メガーヌ No.88094

ありがとうございました。
頭の中を整理できました。

New! 改正後の自治法244条の4について

初学習者 No.88087

大学生で、自治法を勉強している者です。
公の施設の利用の処分に関する審査請求について、長が行った裁決は絶対的なものであるため、他に審査を求めることはできない、という理解で正しいでしょうか?

New! Re: 改正後の自治法244条の4について

zsnk No.88090

長以外の機関を指定管理者とそれ以外(教育委員会等)に別けて考える。

・指定管理者の場合
指定管理者はその自治体に所属していない処分庁であるが、処分の審査を受けるのは長が妥当っしょ。

・それ以外の場合
自治法制定時から長に異議申し立てできると書いてあるがなんでかは不明。

New! Re: 改正後の自治法244条の4について

Y No.88093

初学習者さんの質問の主旨が、「なぜ再審査請求できないのか?」ということでしたら、次のとおりです。(違っていたら無視してください。)

再審査請求は、裁決した行政庁の上級行政庁に対して行うものです。しかし、地方公共団体の長には上級行政庁がないので、再審査請求できるようにはなっていません。(ちなみに、改正前の行政不服審査法では、地方公共団体の長に対しては、原則的に「異議申立てを行う」という制度でした。)
ただし、市町村長の処分に対して都道府県知事に審査請求し、所管の大臣に再審査請求できるようになっている法律もよく見かけます。法律によって様々です。

New! 非営利型無報酬の一般社団法人の理事

No.88084

 非営利型無報酬の一般社団法人の役員になっていますが、この度、所属している役場の放課後児童クラブの委託契約を結ぶにあたり、1社員に登記を変更すべきか、困っています。
 小生は、児童福祉や教育委員会の所属では無く、土木課在籍ですので、直接的な利害関係者では、ありません。
 

New! Re: 非営利型無報酬の一般社団法人の理事

おー No.88085

 地方公務員の場合、「報酬」を得なければ営利企業以外の事業の団体の役員等役員になることは差支えないとされています。
 その団体が、在籍する自治体の業務を行っている場合の判断は、所属している役場の人事課に聞いてみて下さい。

New! Re: 非営利型無報酬の一般社団法人の理事

No.88086

 ありがとうございます。

New! 主要125港とはどこですか?

港湾行政 No.88081

本日の読売新聞の記事に、政府が横浜や神戸など全国125の主要な港湾で脱炭素に向けた計画の策定に乗り出すことが記載されていましたが、125の港湾がどこを想定しているのか記載した資料はありますか。

New! Re: 主要125港とはどこですか?

さてはて No.88082

日本の港湾一覧 2017年(平成29年)4月1日現在 Wikipediaより

国際戦略港湾 - 5港
国際拠点港湾 - 18港
重要港湾 - 102港
地方港湾 - 808港
56条港湾 - 61港

New! Re: 主要125港とはどこですか?

港湾行政 No.88083

ご回答ありがとうございます。
5港+18港+102港=125港ということですか?

測量設計について

設計の設計 No.88079

道路改良の測量設計の設計で『地域地形ごとの作業量(km2)』ってどのような根拠で算出するのでしょうか?

Re: 測量設計について

さ技師 No.88080

設計業務等標準積算基準書読んだ?

破産等により法人が解散し、清算した場合(固定資産税)

2年目 No.88077

法人が清算結了後の場合は、最終の清算人として職務を行った者または代表権を有していた者に納税通知書を送達することになるが、清算人だった弁護士は受理できないと断るし、元社長も法人の納税義務はないと言われる。
皆様の市でも法人が解散し清算した場合、最終の清算人として職務を行った者または代表権を有していた者に納税通知書を送達していますか?

Re: 破産等により法人が解散し、清算した場合(固定資産税)

Y No.88078

清算結了の登記がされていて処分すべき財産が処分されていない場合は、形式上は清算結了していても実質上の清算は結了していない状態といえます。本来は清算人の弁護士が、清算結了の登記抹消を申請して、清算をやり直すべきだと思いますが、やりたがらないようですね。そうであれば、後は裁判所に申し立てをするしかないのではないでしょうか。裁判所に相談するか、貴自治体に顧問弁護士がいればそちらへ相談されてはいかがでしょうか。

議会の自主解散の違法性について

議会事務局一職員 No.88062

「地方公共団体の議会の解散に関する特例法」の趣旨には、「地方公共団体の議会の解散の請求に関する世論の動向にかんがみ、当該議会が自らすすんでその解散による選挙によつてあらたに当該地方公共団体の住民の意思をきく方途を講ずるため」となっているのですが、市長選挙と同日選挙にすることで経費削減、投票率のアップを目的に解散している議会があります。解散さえしてしまえば目的は果たされるので、選挙によって住民の意思をきくことはしないのですが、ここには違法性はないのでしょうか?

Re: 議会の自主解散の違法性について

焙煎 No.88064

>議会事務局一職員さん

おっしゃる意味が良く分かりませんが、解散後に選挙は行われるんですよね?
住民の意思は聞くことになりませんか?

Re: 議会の自主解散の違法性について

議会事務局一職員 No.88065

説明不足ですみません。
市長選挙と議員選挙を同日にすることによる選挙経費の削減が目的の場合、解散さえしてしまえば同日選挙になるため、目的は達成されますよね。その後、選挙になっても何を住民に問うのか中身がないのではないかと思うのです。
もともとは贈賄容疑等で複数の議員が逮捕されたことにより、議会に対する住民の不信感と解散を求める声が高まり、こうした事態に対して自主解散ができる法律ができたとのことです。
解散が目的ではなく、解散して選挙でどの議員を選ぶかによって民意を問うことが趣旨ですので、経費削減を理由に自主解散はこの法律の趣旨に合ってないのではと思います。

Re: 議会の自主解散の違法性について

焙煎 No.88066

>解散して選挙でどの議員を選ぶかによって民意を問うことが趣旨

なのだから、その解散による選挙によつてあらたに当該地方公共団体の住民の意思をきくことに、必ずなるのでは?
選挙は行われるのでしょう?

Re: 議会の自主解散の違法性について

うどんそば No.88076

>>議会事務局一職員 さま

引用の法1条を厳格に考えれば、御指摘の通り、同時解散による経費節減を目的とした解散は違法のようにも思えますね。
他方、このような解散も総務省は黙認するような感じで、
https://www.soumu.go.jp/main_content/000473552.pdf
判例が気になりますが、解散決議に反対、次期選挙に落選した元議員が、国賠訴訟を提起するような裁判例はネットでは見つかりませんね。
万が一に備えて、県、国に正式な技術的助言を求めるのがよいのでは。

補足(蛇足):私が裁判官なら、法1条は拡張的に考えます(経費節減目的も適法)。しっくりこない部分は残りますが、許容できる拡張解釈かと。

下水道受益者負担金の時効の援用等について

だい No.88063

下水道受益者負担金の時効については都市計画法第75条第7項に規定されていると思いますが、時効の援用や利益の放棄については規程されていません。
また、地方自治法第236条第1項には時効による債権の消滅について、同第2項では時効の援用、利益の放棄について規程されており、そのどちらにも「法律に特別の定めがある場合を除くほか」とあります。
そこで質問ですが、受益者負担金の時効そのものについては都市計画法に定めがあるので都市計画法が適用され、時効の援用等については都市計画法に定めが無いので地方自治法が適用されると言う解釈で合ってますか?
よろしくお願いします。

Re: 下水道受益者負担金の時効の援用等について

Y No.88070

だい様のお見込みのとおりだと思います。(ただし、「規程する」ではなく、「規定する」です。)

Re: 下水道受益者負担金の時効の援用等について

木野なるみ No.88075

都市計画法第75条に基づく受益者負担金は、地方自治法第236条第1項の適用ではなく、都市計画法第75条の規定により、国税滞納処分の例により負担金及び延滞金を徴収することとされています。
従って時効の援用や利益の放棄はありません。

消印有効

入職1か月 No.88072

いきなり書きます。
コロナ禍で申請書の提出を原則、郵送でお願いしています。ある申請について、提出期限を令和3年3月31日消印有効としました。よって、役場には4月1日に到達したものもあります。この申請に対する承認通知を出すに当たり、「○年○月○日付けで申請のあった・・・」と書くときの「○年○月○日」に令和3年4月1日(3月31日消印)と書いたら先輩に激怒されました。「3月31日を〆切としたのだから、4月1日と書くのはあり得ない」とのことです。その後の先輩のレクもよくわかりませんでした。ご意見をお願いいたします。

Re: 消印有効

城址 No.88073

>入職1か月さん

こちら、参考になりますか。

http://yoyotei.opal.ne.jp/cgi-yybbs/yoyybbs.cgi?mode=past&pno=174&subno=19454

Re: 消印有効

入職1か月 No.88074

ありがとうございます!
感謝申し上げます。

秒殺…

財産が帰属した場合の取り扱いについて

貴族とは? No.88067

都市計画法第40条第1項により従前の公共施設の用に供していた土地が開発許可を受けた者に帰属するに際し、地方自治法第96条第6号による議決は必要ですか?

Re: 財産が帰属した場合の取り扱いについて

求道 No.88068

>貴族とは?さん

都市計画法第40条第1項での帰属は、財産の交換に該当すると思いますので、地方自治法第96条第1項第6号の条例の範囲内「なら」議決不要になるのではないでしょうか。

Re: 財産が帰属した場合の取り扱いについて

貴族とは? No.88069

都市計画法第40条第1項での帰属を議決不要としている条例を定めている自治体があればご教示ください。

Re: 財産が帰属した場合の取り扱いについて

ツウコウニン No.88071

求道さまのとおりかと。
(逐条自治法をご覧になるとよいかも)

懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

総務部職員 No.88032

いつもこちらの掲示板にお世話になっております。

当市では住居手当及び通勤手当の不正受給に該当する新人職員がおり、先日懲戒処分を下しました。
このような職員については、適格性無しとして本採用をせず、9月末に免職とすべきでしょうか。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

文書屋さん No.88034

懲戒処分を受けたことで悔い改めて市民のために誠心誠意働くようになるのなら、免職は厳しいのかもしれません。
反省の色もなく、職務内外で問題を起こし続けるようなら免職もありうるのでしょう。

そんな当たり前の話を求めているわけではないのかもしれませんが。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

総務部職員 No.88035

文書屋さま

コメントありがとうございます。大変参考になりました。
当市では初めての事例だったため、未だ手探り状態にあります。

もし他の自治体の例をご存知の方がいらっしゃれば、ご教示いただけますと幸いに存じます。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

文書屋さん No.88036

畑違いで自治体の実例を知らないのは申し訳ないながら、内閣人事局が設置している研究会で分限をめぐる裁判例はたくさん取り上げられています。
https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/hanrei_kenkyuu.html

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

城址 No.88037

>総務部職員さん

大阪府の以下のページ
http://www.pref.osaka.lg.jp/shichoson/jichi/3005soudan1.html

によりますと、条件付採用期間中の職員の身分取扱いについて、
「条件付採用期間中の職員は、正式採用の職員とは異なり、分限による身分保障を与えられませんが、それ以外の身分の取扱いは、正式採用の職員とおおむね同じです。」
とあります。
条件付き採用の趣旨は、採用された職員の公務員としての資質・能力を見極めるための期間と言うことですから、懲戒処分の求めるところ(ペナルティ)とは意味が違うと思います。
懲戒処分が功を奏せず、そもそも資質からして遵法精神に欠ける人間であったということでなければ、不採用とはならないと思います。
不正受給に対するペナルティは懲戒処分に留まるし、(それでは軽いと感じるなら)見合った処分を行うべきだったと思います。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

春川夏江 No.88039

不正の内容程度がわからないので
一般論ですが、
条件附採用の制度が何のためにあるか考えつつ
住民が普通の感覚でどう考えるか
おのずとわかりそうなものです

それを不服として訴訟になるなら
堂々と受けて立って
負けたら負けたときです
と自分なら考えます

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

城址 No.88042

>春川夏江さん

住民の普通の感覚で考えて、訴訟になったら、負けるかも知れないし、負けても良いなどと言うことはないと思います。

>スレ主さん
懲戒処分を受けた後、まじめに務め成績不良などがなければ、免職にすることは、一事不再理に抵触すると思います。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

春川夏江 No.88043

負けても良いなんて言ってませんよぉ

一般論ですが、一事不再理とは思いません
懲戒も含め条件附の期間全体から本採用を判断しますから

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

コーム員 No.88045

>一事不再理
それはそうかも知れないけど、

懲戒履歴って退職まで残るよね?
昇格にも影響するでしょ

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

城址 No.88048

>春川夏江さん

>一般論ですが、一事不再理とは思いません
懲戒も含め条件附の期間全体から本採用を判断

まあ、それはそうなんです。
懲戒は悪いことをしたペナルティなのに対して、分限は悪いことをしてしまう資質を問うているので、(一応)別物です。
ただ、後者は継続した状態を指しているので(資質って属人的な性質だから)、懲戒処分後も悪いことをしてしまう状態が続いていないといけないですよね。

スレ主さんの書き込みからは、別物という認識が感じられません。

>負けても良いなんて言ってませんよぉ
確かに「負けても良い」とは書いてないけど、そんなことより、住民の普通の感覚で判断したら、ダメでしょうよ。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

文書屋さん No.88050

「一事不再理」という言葉のとらえ方にも幅がありそうですね。

仮に9月末までの間に問題を繰り返して懲戒処分を何度も受けるようなら、「トータルで○回も懲戒処分を受けた」という客観的事実を根拠にして(適格性欠如だとかなんとかいって)免職にすることもありうるでしょう。

城址さんのおっしゃっているのは、1回だけの懲戒処分を根拠にして免職するのはやりすぎだということですね。

スレ主以外は、件の職員がどんな人間なのか、懲戒処分をどのように受け止めているか、よく知りません。事柄が事柄だけに、みなさんの経験上の想いがいろいろおありかと思いますが、具体的状態がよくわからない状態で熱くなっても仕方ないと思いますよ。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

城址 No.88053

>スレ主以外は、件の職員がどんな人間なのか、懲戒処分をどのように受け止めているか、よく知りません。

確かに。
懲戒処分の原因となった不正もどの程度悪質だったかというのも分かりませんしね。懲戒処分自体も戒告から停職までありますし。

懲戒処分後は真面目に勤務したのに、不正受給一発で不採用としたならば、私なら、「一発アウト(その不正のみで不適格と判断できる)ならその時に処分すべきだった」「不正受給の事実で二重に処分されている」と主張しますね。
少なくとも懲戒処分後の勤務実態は確認しておくことが必要ではないでしょうか。結果的に採用するにしても、しないにしても(もちろん、細かな問題があれば指導して改善を求め、記録もしておく)。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

総務部職員 No.88055

城址 さま
春川夏江 さま
文書屋 さま

コメントありがとうございます、とても参考になりました。
やはり資質に関する個別具体的な記録をとって、それに基づき判断するのが良いということですね。

発覚前に自ら申告してくれれば良かったのですが、そうではなかったため、悪質性についても図りかねているところです……。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

総務部職員 No.88056

コーム員さまへのお礼が漏れておりました、大変失礼いたしました。ありがとうございます。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

柴犬 No.88057

近隣自治体では試用期間中にアルバイトの兼業違反の懲戒処分を受け、本採用としなかった事例があります。
スレ主の手当の不正受給とは異なるかもしれませんが、やはり適格性という点で本採用は難しいのではないでしょうか。ご参考までに。

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

嗜眠 No.88058

最近の公務員は論理的思考力とか問われないのかしらん

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

春川夏江 No.88059

>城趾さん
>住民の普通の感覚で判断したら、ダメでしょうよ。

住民の普通の感覚で判断しろなんて言ってませんよぉ
ただ、スレの前半が、不採用に厳しい(当該職員に甘い)流れに思えたので、それはどうかなと、口を出してしまいました

(追記)
>城址さん
失礼しましたっ

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

城址 No.88060

>春川夏江さん

城趾なんて人は書き込んでいませんよぉ

Re: 懲戒処分を下した条件付採用職員の本採用について

傍観者 No.88061

話は聞かせてもらった
春川夏江はクソ

貸借契約の更新について

ねこ No.88044

初めまして。
皆さまのご意見を承りたく投稿させていただきます。

弊自治体Aでは、ある普通財産を出資法人Bに対して随意契約により貸付けています。
当該貸借契約の条項には、契約の更新にかかる規定が存在せず、毎年AB間の口頭レベルの協議で、更新を行っている状態です。

つまり契約更新に際してBから申出書等を取っていない状況で、現在これを問題視する声が内部で上がっています。

本件に対する所管課の見解は、「更新契約を締結する時点で、その前段階としての協議が合意に至ったことは当然前提となっている」というものです。

過去の監査事例などを紐解いても、公有財産の貸付にあたって契約書を作成していないというような報告はあれど、本件に類した事例の報告はなく、
また契約更新に際して、その前段として申出書等を取得しておくべきだというような法令解釈なども見つかりませんでした。

そこで、本件のような事務手続きに関する法的な根拠等をご存知であれば、ご教示いただきたいです。

Re: 貸借契約の更新について

市民 No.88046

オンブズマンが聞いたら訴えるでしょうね

Re: 貸借契約の更新について

暫時 No.88047

>ねこさん

>本件のような事務手続きに関する法的な根拠等を

貴自治体の財務規則は参照されましたか?
普段、随意契約するとき、見積書はとらないですか?

Re: 貸借契約の更新について

ねこ No.88049

暫時さん

貸付なので、財務規則に従って算定した貸付料を毎回設定しています。
また随意契約理由に関しても、当該規則に則ったものになっています。

今回悩んでいるのは、契約を更新する際に、その意向を確認するような文書を相手方から取得する必要が果たしてあるのか、ということです。

(実際にはその方向ですでに調整しているのですが、そういったことに関する定めが何かあれば知りたい、という感じです。)

Re: 貸借契約の更新について

文書屋さん No.88051

賃貸借契約上で、「引き続き賃借したいときは、期間満了の○月前までに書面をもって貸主に申し出なければならない」などとされていることがよくあるので、申出書がないことを問題視する人がいるのでしょう。

規則にも契約書にも明文の規定がないとすれば絶対に必要とは言えないかもしれませんが、ナアナアになりやすい出資法人との随意契約について「口頭レベルでやっています」は問題視されそうですね。

スッキリさせるには、賃貸借契約に申出書を求める条項を入れることかと思います。

Re: 貸借契約の更新について

暫時 No.88052

>ねこさん

貴自治体の財務規則で、随意契約のときはこの書類を提出させろ、この書類を作れとあれば、そのとおりにしなければいけないし、何も決まってないなら、何もいらないんじゃないでしょうか。

ちなみに、うちの自治体なら、見積書の徴取と予定価格調書の作成が必要です。

Re: 貸借契約の更新について

Re: 貸借契約の更新について No.88054

文書屋さん
暫時さん

ご助言ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
最新の投稿